カウンター

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

つなびィ

同盟

グリムス

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

9/1 中田大智くん

久々にラジオレポしたいと思いますっ。

関ジュースもBADになりましたし、BOYSの声も聞き分けられるようになったので(笑)、
またまた関ジュースも頑張りたいと思います。

では追記より、男前レポ、かんなり最後の方かだと思いますが、どうぞ。

雛ちゃん「俺はもう何か飽きるで。サラリーマンってこんなんなんかなって
思った時があってん」

大智「え、そんなちっちゃい時にですか?」
雛ちゃん「うん。小5ぐらいかな。クラス替えが小4か、小5・・・」
大智「(笑)え、そんなときに思いますかっ!?」
雛ちゃん「思わん!?思うよね」
大智「絶対思わないですよ!」
雛ちゃん「たぶんこの仕事、こういうたぶん仕事向いてないんやろなぁ思って」
大智「あぁ、そういう決まったことというか・・・」
雛ちゃん「そうそう・・・そう、だからお父さんすごいと思ってん、その時」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「いっつも決まった時間・・・朝早く起きて、ほんでたまには子供より早く起きて会社行ったりするやん?」
大智「はい」
雛ちゃん「で、夜遅く帰ってくるやん。すごいなぁと思って、お父さん。だからお父さんなんやと思っててん」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「だから俺は絶対出来へん、お父さんみたいな」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「仕事は出来へんと思って」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「だからたぶん俺はそれを逃げるようにしてこの世界入ったんやろうなって」
大智「(笑)」
雛ちゃん「ちょっと思う。今思えば」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「それをしたくないから逃げてたんやと思うで」
大智「すごいっすね!そんな小学生の時にそんな考えがあるのは僕はビックリですよ、村上くん・・・」
雛ちゃん「いや、絶対思うで!」
大智「絶対思わないですって!」
雛ちゃん「思う、思う!」
大智「いや、だって毎日、今だって何気ないことが楽しいじゃないですか。何かこう、川・・・横に流れてる川を葉っぱ流して競争や!とかって
帰るのが楽しくないですか?」

雛ちゃん「いや、楽しいよ!やっとった、やっとった!」
大智「でしょ!?」
雛ちゃん「やっとったけど、飽きるでしょ?」
大智「いーや、めっちゃ冷めてますね、村上くん」
雛ちゃん「でも、うちのまわりそうやったんかもしれん、友達が。」
大智「もう、すぐ飽きるっていうか・・・」
雛ちゃん「うーん・・・」
大智「色んなことする・・・」
雛ちゃん「ほんで、一番最初あったんがバスケットや。小5の時かな?」
大智「あのマンガの影響とか・・・」
雛ちゃん「が、あの〜、スラムダンク始まる前やから誰も知らへんかってん、バスケットのルールなんか」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「ミニバスケットチームに入ってたから、地元の。で、結局その、中3まで?」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「今でもバスケ誘われたら全然行くで!バッシュも持ってるし、自分の」
大智「あ、そうなんですか」
雛ちゃん「やんで、やんで。全然やんで!」
大智「全然知らなかったです」
雛ちゃん「サッカーも小学校の時にちょっと、休み時間で遊びでしかやったことなかったから、」
大智「はい」
雛ちゃん「本格的にやったことなかってん」
大智「はい」
雛ちゃん「ほんで、番組でやったりして、そっからちょっとホンマにやってみようかなって、ハマって・・・今、サッカー・・・」
大智「でも小学校の時、色んな遊びしましたよねぇ。何、一番流行りました?」
雛ちゃん「キックベース」
大智「あぁ〜〜。」
雛ちゃん「SMAPさん。夢がモリモリ」
大智「え、知らないです」
雛ちゃん「えっ!? ほら出た」
大智「知らないです」
雛ちゃん「マジかーっ!?」
大智「何なんですか、それ」
雛ちゃん「森脇健児さんと森口博子さんとねぇ」
大智「知らないです」
雛ちゃん「伝説・・・あれ伝説の番組やで!」
大智「え、知らないです」
雛ちゃん「〜夢がモリモリ〜♪やんね!?」
大智「えっ、知らないです」
雛ちゃん「はぁ・・・。ホンマぁ」
大智「はい」
雛ちゃん「おそまつくんとかねぇ?」
大智「何すか?」
雛ちゃん「SMAPさんが・・・おそまつくん6人兄弟やってん」
大智「分かんないです。おそまつくん自体分からないです」
雛ちゃん「あらーっ!?そっから?」
大智「はい」
雛ちゃん「はぁ〜。これもそうやん。キックベースも知らない?」
大智「いや、知ってますよ。僕キックベースとかやってましたよ!」
雛ちゃん「ホンマ?」
大智「はい」
雛ちゃん「あれに火つけたんはその、夢がもりもりや」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「もう全国の小学校がねぇ。ありとあらゆる学校がキックベースや」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「光GENJIのローラースケートの次にもうキックベース!」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「ホンマやで?」
大智「そうなんすか!?」
雛ちゃん「うん」
大智「僕、キックベースは勝手に始まったもんやと思ってました」
雛ちゃん「ちゃう、ちゃう。あれSMAPさんや」
大智「へぇ〜、そうやったんすか」
雛ちゃん「そうやで!そん時はもう絶対知らんやつおらんかったもんね、キックベースを」
大智「へぇ〜」
雛ちゃん「そんな時代やったで。俺らの小学校の時は」
大智「僕らでも何か普通にキックベースとかドッヂボールとかも平等にやってたと言うか・・・」
雛ちゃん「半分ずつ?」
大智「そ、そうです。何か公式のでやってるんじゃなくて・・・。勝手に始まったもんかな〜って」
雛ちゃん「あ、全然ちゃうわ〜」

CM

雛ちゃん「さぁ!じゃあ大智くん半年ぶりでしたけど。またまぁ近々」
大智「はい!」
雛ちゃん「来てください」
大智「はい、来ます」
雛ちゃん「うん・・・まぁ、何かまた楽しいゲームがあったら・・・。あ、ラジオで出来るようなゲームを仕入れてきてや。思い出してきてや、じゃあ」
大智「はい、分かりました」
雛ちゃん「体使うんやなくて、ちょっと卓上で出来るやつ」
大智「はい!分かりました」
雛ちゃん「こんなんやってたーって言うのあったら」
大智「はい」
雛ちゃん「じゃあ、ちょっとリスナーのみなさんからもね、こんな懐かしいゲームとかあったら、募集しますので。
じゃあ、宛て先は大智から」


大智読んでます♪

雛ちゃん「どんどんお送りください。
さぁ!ということで今夜のお相手は関ジャニ∞村上信五と」

大智「えー、中田大智でした」
雛ちゃん「それではまた来週でーす」
大智「さようなら〜」
ラジオ  c.1  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
一昨日は会ってくれてありがとうねw
急だったけど思ってたよりガッツリ喋れて嬉しかったよん〜
メールも結構たくさんやったしね。

想像してた人と全然違うかったでしょ^^;
普段人見知りするけど…ともこちゃんは喋りやすくて良かった。

男前寝ちゃって聞けてなかったからレポ嬉しい。
大智やったのかぁ〜馬なら泣くとこでした。苦笑
「へぇ〜」が多いね大智。笑

つなびい見たよ!!
めちゃソックリでそのまんまの衣装みたい。
普通に羨ましい(≧▽≦)!ゆいも一緒にぃ〜〜vv
ぜひ裕子さんとw
  • ゆい
  • 2007/09/04 7:19 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック